【VB】DB接続 接続方法の覚え書き

VBでDBの接続方法の覚え書きをします。

 

SQLserverに接続します。

SqlConnectionオブジェクトに接続文字列を設定する。

接続にはSqlConnectionのOpenメメソッドで接続
切断にはSqlConnectionのCloseメメソッドで接続

サーバーに対するアクティブな接続数を最小限に抑えるためDBの切断が必要。

毎回プロジェクトごとに接続文字列を長々と書いているのも別プロジェクトへの使い回しがしづらいので、
接続文字列を変数にして使用する。

あとはDBに接続できるメソッドを作成する。

これでDB接続は少ない命令で実行が可能。

もちろん切断も。