【VB】DataTableの空判定はレコード数のカウントで対応できた

vs

VBでDataAdapterを使用してDBからレコード゙を取得するときにデータの受け皿としてDataTableを使用する。(コードのDBはAccessを使用しています。)

その時にdtにレコードが存在するかどうか。

 

Null判定みたいなものが無いかなと調べてみても、
レコードのカラム単位でのNullチェック方法は見つかるけど、
レコード自体が存在するかどうかはよくわからなかった。

 

なので、DataTable内のレコード数カウントが出来るので、
0行ならレコードが存在しないということにして、

という形で求めていた動作が実行できるようになりました。